使用方法

 

オールインワンではできない、肌の蘇生

年齢とともに衰えていくお肌に潤いを与え、キメとハリのある若々しいお顔にしていきましょう。

私たちの肌は、角質細胞とそのすき間を埋めている細胞間脂質というものが何層も連なって構成されています。お手入れの最初に化粧水を使うのは、この角質細胞に水分を補給するためです。
たっぷりの水分によって保湿された肌は、ふっくらと柔らかな状態になります。
いったん肌を柔らかくさせてから、次に使う乳液や美容液の成分を送り込むことで、ぐんと浸透が促されます。
基礎化粧品にはそれぞれに大切な役割があります。化粧水は、渇いた素肌に最初にアプローチをかける大切な導入役。肌への「効果」で比較した場合、オールインワン化粧品よりも、単体の基礎化粧品をラインで使う方がおすすめです。